ゴルフで目標を正確にとらえるために

ナイスショットを導くためには、目標を正確にとらえなくてはいけません。狙いを正確にするためには基本となる姿勢が必要となります。

まずボールと目標を結ぶラインを想定し、そのラインを基準として構えていきます。ドライバーを右手に持ち、右足のだいたいの位置を決めたならば、そのライン上にフェースを直角に合わせるようにします。そして設定した目標に合っているかどうか、顔を目標物に向けて再確認し、左足を前に出して右足も微調整し、両足を固定して目標にぴったり合わせるようにします。

この姿勢が基本となりますが、練習中には様々な雑念が沸き起こってきて、体が傾いてしまう場合があります。姿勢を回復するためのコツとしては、ドライバーを体の正面に持ってきて、ヘッド側を高く掲げます。クラブを傾けないようにしてまっすぐと地面におろしていくことで、背筋をまっすぐにすることができます。

ヘッドが両足の真ん中に位置すれば、左右のバランスが整っていることにもなります。