フローリングでのゴルフのパッティング練習

ゴルフのパッティングで一番大事な事はホールまでの距離に応じた強弱もありますが、何よりボールを狙った通りに打てる方向性です。

フローリングでのパット練習は、この方向性を養うのに一番なのです。フローリングの上で、ボールをパチンと弾くとアッというまに壁まで転がってしまいます。これでは練習になりません。的にするのは、もう一つのボールです。ゴルフのボールを狙って打つのです。最初は30センチぐらいの距離から始めましょう。打ったボールが当たり、的のボールが目標の線の延長上に転がるようにまっすぐ当たるように狙います。

徐々に50センチ、1mと話していきます。滑りやすいフローリングでまっすぐ当てるには、ボールを滑らせずきれいな転がり回転を与えなければなりません。パターのヘッドの使い方を自然に覚えるようになります。慎重なストロークでパッティングする感覚も覚えます。

フローリングでのパッティング練習は気軽に行うことができるのでおすすめです。