ゴルフのアームローテーションについて

ゴルフで飛距離を出す為には、アームローテーションが大事で、手元から肘と肩にかけての動きのことで、主にダウンスイングフォロースルで左方向に動かす事を言います。

アームローテーションを正しく行うためには、左右の肘の向きに注意をしなければいけません。バックスイングにおいては左腕が地面と平行なポジションで、右肘が右足の甲を向き、フォロースル―においては右腕が地面と平行なポジションで、左肘が左足の甲を向くのがポイントです。アームローテーションを上手く行う為に水平素振りがおすすめでクラブを水平に振ることで、腕の入れ替えを覚えるドリルです。

ポイントは、フォロースルーではクラブシャフトが地面に対して水平になることにも注意しましょう。フォロースルー時に、左腕が右腕よりも上にならないように意識してください。左肘が引いてしまう動作で、チキンウイングと言いますが意識して行うことが大事です。

水平素振りが上手くできてアームローテーションが出来れば飛距離アップに繋がります。