ゴルフのアライメントの重要性について

ゴルフのアドレスでの体の向きのことをアライメントと言いますが、ゴルフではかなり重要となります。

完璧なスイングをしても、自分が向いている方向が間違っていれば、ボールは意図したターゲットには飛ばないからです。

アライメントの基本は、両足つま先を結ぶライン、腰の向き、肩の向きすべてが、ボールとターゲットを結ぶラインと平行になっていること、これらのラインが直接ターゲットを指すのではないところが重要で、肩のラインがターゲット方向を向いているとしたら、それは目標に対して体が右を向いているということになります。

アライメントの間違いは球筋にも影響し、アライメントが目標の右を向いていて、それでも自分はターゲット方向に意識を持ってクラブを動かそうとすると、クラブ軌道はターゲットラインに対してアウトサイドインとなります。

スライスが出る確率が高くなるということで、ボールの打ち出し方向に最も影響を与えるのは肩のラインです。